Danellasdesigns - グラフィックデザインを外注

グラフィックデザインを外注

▼ 目次

グラフィックデザインで存在感を出す

現在日本だけでなく世界中のあらゆるものにグラフィックデザインが使われており、もはやデザインのスタンダードと言ってもいいかもしれませんが、そもそもグラフィックデザインとはどんなもののことを指しているのでしょうか?
ここではグラフィックデザインとは何なのか、そしてグラフィックデザインを使ってできることは何かお伝えしていきたいと思います。

はじめにグラフィックデザインとは何か説明していくと、これはひと言でいえばヴィジュアルによるコミュニケーションのことで、ヴィジュアルから表現されることによってそれを受け手が感じることを指しています。
少し抽象的な表現になってしまいましたが、たとえばグラフィックデザインが使われているものをあげていくと商品のパッケージや宣伝用の広告、雑誌の表紙やロゴなどほとんどのものにグラフィックデザインが用いられています。
お菓子の袋を手に取ったときにパッケージを見て感じることがあると思いますが、それこそヴィジュアルによるコミュニケーションということになります。
この点はあまり難しく考えるのではなく、デジタルでデザインされたものを通じて他者にイメージさせると理解できていれば問題ないのではないでしょうか?

グラフィックデザインって何がいいの?

それではグラフィックデザインにはどんなメリットがあるのか説明していきたいと思いますが、まず最初にあげられるのは、もともと分かりにくかったことを分かりやすく伝えることができるところは最大のメリットと言っていいでしょう。
言葉や文字だけで何かを伝えるというのはとてもエネルギーが必要になりますし、下手したら伝えたいことが湾曲されてしまったり、真意が上手く伝わらないこともあります。
こういったことはビジネス上だけでなく普段のコミュニケーションでも十分にあり得ることですし、実際に経験している人もたくさんいるでしょう。

しかしグラフィックデザインは写真や図などいろいろなヴィジュアルを通じて表現することができますから、言葉や文字だけでは伝わらなかった部分も正確に伝えられます。
空の状況を口頭で伝えられてもなかなかイメージできないことがありますが、それを写真に撮って見せてもらえば分かるのと同じで、ヴィジュアルの持つ魅力と効果はとても大きいことが分かって貰えるのではないでしょうか?
特に伝えたいことが幅広くなってくればくるほど、グラフィックデザインの重要性は高くなっていきます。

イメージを膨らませ、見る側のテンションも高くできる

さらにグラフィックデザインが具体的な表現ができる分、よりリアルなイメージを相手に与えることができるので、それによって見る側のテンションを高める効果も期待できます。
先ほど空の説明に関する例えを出しましたが、仮に山へ登山へ行く場合、あらかじめ山頂から見た景色や空の写真を見ていると、そこへ実際に登っている姿がイメージできますし、それによって自分も登ってみたい、登ってみたらどんなに気持ちいいだろう…と感じるはずです。
もちろんほかのことでもそうですが、視覚からイメージさせることはよりリアルに感じ取ることができるので、気持ちの変化も起こりやすくなります。
さらに言えばヴィジュアルが分かっていることによって相手に安心感を与えられますし、そこから信頼関係を築くきっかけにも繋がります。

グラフィックデザインを外注する場合

このようにグラフィックデザインはたくさんのメリットがありますので、実際に商品を開発する側もこれを駆使してデザインをしていくでしょうし、他社との競合に負けないくらいクオリティの高いものにしなければなりません。
そこでおすすめしたいのがグラフィックデザインを専門にしている業者へ外注する方法で、グラフィックデザインは専門性の高い分野でもありますから、より知識と技術を持っている人に依頼したほうが効率的かつクオリティの高いものが作れます。

グラフィックデザイナーのいる業者へ外注する場合、それまでのところでどんなものをデザインしていきているのか実績やサンプルをチェックしておくと依頼しやすくなりますので、まずはホームページなどを見ておきましょう。
ホームページには連絡先や外注する際の説明などが記載されていたりするので、それらの情報も参考にするといいかもしれません。

初めてグラフィックデザイナーにデザインを依頼する場合は流れなども分からないと思いますので、まずは一度流れを把握するためにコンタクトを取ってみることをおすすめします。
また報酬はどれくらいになるのか、どれくらいの期間で完成するのかなど決めておかなければならないことがありますので、スケジュールを組んだうえで提案してください。
業者は年々多くなっていますから、いろいろな種類のグラフィックデザインのサンプルがインターネット上にもありますのでチェックしてみましょう。